ARTICLE PAGE

他ならぬ自分

苦しみの原因は、他ならぬ自分が作っている。

なんでこんなに苦しいのだろう?

なんでこんなに辛いのだろう?

自分は、自分が。

存在の確かな証拠の無い、自分。

しかし、そんな自分に、隷属している。

瞑想を続けていけば、次第に苦しむことも増えるだろう。

しかし、その苦しみの原因は、他ならぬ自分が作っている。

内なる錯覚から離れる為、ひたすら観る、観る、観る。

幻想の人生は終わる。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment